WEB制作の勉強日記

HTML,CSS,PHP,Webデザイン,基本情報技術者試験の勉強中

JavaScriptを学ぶ

ポートフォリオで動きのあるサイトを作りたいので今までサラッとしか見てこなかったJavaScriptをUdemyの講座て学ぼうと先日しました。

分かりやいと評判の講座で、セットになっているcssの説明も実際みて分かりやすかったから続けてJavaScriptもみていたら、、全然分からない、、!

これは基礎的な所だけでも頭に入れて理解しておかないとと前に買っていた、いちばんやさしいシリーズの参考書を出してきて読み進めてます。

PhpはProgateでやって初学者向けのUdemyでも理解はまあまあできてたから同じつもりでいたら、全然ダメだ、、

けど、この本は分かりやすい。これまでJavaScriptは気になってはいたけど手をつけられず、この本もいつかちゃんと読みたいなぁと思いながら何年も経ってしまったけど、すぐ手元に置いてあってよかった。

サンプルデータも付いていて、まがりなりにも練習ができそうだから全ページマスターしたいと思う。

 

Webの勉強はパソコンで手を動かしながらだから、手元でノートを取るのは返ってやりづらいと思い、今までノートは取らなかったけど、色々なプログラミング言語やシステムを並行してやってると、頭の中がゴチャゴチャしてやったことも覚えられないから、久々に勉強用のノートを取ることにした。

やはり複数の教科を1つのノートにまとめるならルーズリーフが便利だろうと、学生の時以来そうした文房具を買いに行った。

 

Pythonとかサーバー系のも徐々にやりたいし、意外とルーズリーフの活躍は期待できそうな予感。

 

色々テキストを読んでみて

基本情報技術者も時間を見てテキストを読み進めてますが、

•通常のテキストでまずは全体を流し読み

•解説が詳しいキタミ式のテキストでも後追い

•計算問題は専用のテキストで練習

プログラミング言語(アセンブラ)も専用テキストを使って勉強

 

というパターンがやりやすい、と感じ始めてます。

プログラミング言語は、1番取り組みやすいということでアセンブラにしたけど、通常のテキストの内容の具体例のようになっていて、午前の勉強内容の強化という感じになっているので選んで良かったと思う。

説明もすごく分かりやすい。

読んでてもよく分からない、、と思っていても、著者の話でまだ曖昧にしか分からなくても大丈夫です、後から詳しく説明します、など初学者が読み手だというのを想定して書かれているので不安になることが無くて、安心して読み進められる。

[改訂3版]基本情報技術者らくらく突破CASL II

[改訂3版]基本情報技術者らくらく突破CASL II

  • 作者:八鍬 幸信
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

計算問題はテキストだけだと、載っている問題の解説があまり詳しくなくてチンプンカンプンになるけど、計算問題だけに特化しているテキストだと、高校の教科書の復習から入って一から詳しく説明されているので、すごく理解しやすい。

ただ集中力と時間を使うので計算練習は休みの日にまとまった時間に一気にやってしまうのが良さそう。

 

テキストとプログラミング言語の読み進めは毎日、少しずつ時間を作って読んでいくのがいいと思う。

 

Twitterを始めてみて

今日はF E(基本情報技術者試験)を少し進めた。

Twitterを始めてから、他の人が使っているテキストや勉強方法、まとめた資料など知る機会ができて、とても視野が広がる。

特に計算問題、買った説明が優しいテキストは読みやすいけど、いざ過去問をみてみるとレベルが全然違いすぎて、絶対今やってるテキストじゃあ理解できない。

それで計算問題だけをまとめたテキストがあるというのを知って、やろうかなと思う。

 

・計算問題

・CALⅡ

・午後試験対策

 

これらのテキストを今度まとめてネット注文する予定。

 

話は変わって、前回のブログを読んで、あまりの文章の下手さ加減にショックを受けた〜^^;

好き勝手に指が動くままに書いてたのは覚えてるけど、意味が分からない文章が多すぎてビックリした。

人に伝えやすい文章を書くこと、これもHP制作に必要なことなので練習 練習。

 

よく知らなかったけど、Twitterハッシュタグで#今日の積み立て というのをやたらと見かけて、今日初めて使ってしまったw

 

朝、今日やることをツイート、今日中にやらないとという意識が1日持ち続けられるようなので、これからも使ってみようかなと思う。

【ポートフォリオ】1Pものカフェサイト あとは細かい調整

昨年の12月くらいから作っていたポートフォリオ用のサイト作成。

1ヶ月程度で作るつもりが、、こんなに時間が経ってしまった↓↓

6月に4月に受けて合格ラインを超えてたITパスポートの証書が届くはずなので、会社に合格の報告とともに、見せたいと思うのでそれまでにポートフォリオをなんとか完成させたい、、

 

今作っているのが、1Pもののカフェサイト。

フッター手前に載せる問い合わせフォームを昨日から作っていたけど、ちゃんと送信もできるようにPHPで作成しようとしたけど、セキュリティの問題とか考えたら、動きだけは本物っぽく、だけど送信は実際にはできないダミーのフォームを作った方がいいのでは、、と思ったけど、とても時間がかかりそうだったので、、

とりあえずHTML形式の本当に見た目だけのなんちゃってフォームで止めておいた。

あとは背景と、余白の調整かな。

Google MAPが何故か思うようにサイズ調整ができなくて、デザインを変えようか考え中、、

アクセス詳細情報と、Google MAPをflexで左右に並べたいけど、MAPの左右に80pxくらいの余白が入ってしまって、何しても解消されなくてずっと悩んでいる。

 

これが終わったら、

・複数ページのHTMLサイト(4、5ページくらい)

 (Jacascript、j Queryも使ってみる)

 飲食・美容系か、コーポレートか考え中

PHP形式のサイト

WordPressサイト

 

を作りたい。

 

本当はワイヤーをPhotoshopillustratorで作りたけど、そこまでの時間はあるだろうか、、

 

もう基本的に家にいる時間は、こもって制作をやりたいんだけど、これまでは孤独に作業することばかりでモチベーションが下がったり、それもあって12月に始めたサイト制作が全然進まなかったのだけど、PodcastでWeb業界の人の話を聞いたり、ツイッターで同じ勉強をしている人の情報を拾ったり、だいぶ精神衛生的に楽になった気がする。

 

なんとか、この1ヶ月半ほどで、できる所までやりたいなぁ。

 

あ、ポートフォリオそのもののサイトも作らないといけないから、、

それはPHP形式で、できたりするかな?

1Pのカフェサイトが完成したら、ドメイン取得・サーバー契約せねば。

 

web情報収集 Podcastがけっこう使える?

情報の移り変わりが激しいWeb、プログラミング業界、どうやって情報収集すればいいのか、前から気になっていたけど、やっと調べてみました。

 

https://qiita.com/nesheep5/items/e7196ba496e59bb2aa28

 

ここのサイトに色々な種類の媒体が載っていて、とても使えそう。

 

Webサイトなど、能動的に自分で情報を取りに行く姿勢が大事なんだなと思われるけど、Podcastのチャンネルものっていて少しチェックしてみました。

 

Podcastは英語の勉強で少しだけ前に使ったことがあったけど、今いち使い方が分からなくて敬遠していた。

ただクラブハウスを使うようになって、ラジオを聴くような同じ感覚のものかとハッと気づき、それなら使いやすいかもと思った。

 

定期的に収録アップされている所なら更新されたら通知するようにして、何かしながら最新情報を聞き流し、いいやり方だと思う。

過去の収録もアーカイブされるから、長くやっているチャンネルならずっと聴いていられる。

ニュースじゃなくても、職種の説明や仕事の進め方とか探すと色々出てきそう。

Podcastは盲点だった。

 

しかもiPhoneのアプリなら車で聴けるかも!

通勤時間が長いので、これはいいかも。

基本情報技術者試験の勉強をぼちぼち

ITパスポートが4月の最終週に終わって、4月いっぱいはともかく試験のことは忘れて好きなことをしてました。

それで5月からは10月の基本情報技術者試験に向けてまた勉強をぼちぼち始めました。

ITパスポートで本当に久々に試験勉強をしたけど、やり方とか試験の感覚を忘れていたから、ITパスポートは受けてみてよかった。

午前・午後があるのでボリュームは段違いに大きくなるけど、基本情報技術者試験も同じようにやって行こうと思う。

 

まずはテキストを一通り読んでみること。

で、一番人気のこちらの本を購入しました。

 噛み砕いて、分かりやすいように可愛いイラストと一緒に説明してあるのが特徴。

まず、2進法や16進法の計算の仕方から。

1度読むと何が書いてあるかは分かるけど、自分の中で完璧に理解して、計算がスラスラできるようになるまでには、すんなりいかないかも。

理解するのが大変そうだから、まず先にやって進めていく、というのがいいのかも。

 

午後は、午前用に勉強しているテキストの内容を基本に応用が出るということで、まずはテキストを1度読んでから勉強をしようと思うけれど、プログラミング言語をどれに選択するかが重要とのこと。

JAVAC言語は初学者には難し過ぎるということや、表計算も年々難しくなっている、ということでアセンブラ言語を選択しようと思っている。

アセンブラはコンピュータに直接的に命令を出すマシン語に一番近い言語ということでコンピュータを動かす基本的な仕組みを学ぶことできる、というのも選ぶ理由の一つになりました。

午後試験は記述式だと勘違いしていたので、選択式だと分かった時はちょっと安心した。

 

ITパスポート試験受けてきました!

テキスト一周してから、なかなかやる気が出ず少し遠ざかりつつありましたが、1週間前から追い込み的な感じで過去問と計算問題を中心に練習して今日、試験を受けてきました。

 

昨日たまたま今回の期間の公開試験内容が出ていて、解いていたところけっこう難しい、過去問やテキストに書いてない事が多い、と思っていたけど、やっぱり本番も見たことない用語が多々あってやばい、、と思いました😓

 

しかも計算問題がめちゃめちゃ多かった!

過去問だとせいぜい5問程度なのに、10問以上もあった、、 そして解き方が分からないのも多くて時間もギリギリになるし焦るしで、思った以上に家での練習と本番とのギャップを感じました。

 

そして、時間終了になるとその場で自動採点されるのです!

問題もPCで受けるからすぐに正答数が分かって、受験者にも情報を教えてくれるというシステム。

 

手応えがなかったから点数が表示されるまで絶対落ちてる、、と思ったけど結果は、

合格ラインの1000点満点中600点以上&各項目300点以上の得点取れてました!

またこれを受けないといけないのか、とほぼ諦めて消沈気味だったので、気持ち的に楽になって一気に力が抜けた感じ。ほんと安心した〜

 

試験時に表示された点数が合格基準を満たしてればほぼ合格確定だそうですが、正式に国から合格発表を受けるまでは、合格しましたとは言えない決まりで、正式に発表されるのは5月半ばだそう。さらに合格証書が届くのが6月半ば。会社に早く報告したいけど、5月半ばの発表に合わせてでいいのだろうか? 認定番号というのを報告しないといけないみたいだけど、6月の証書が届かないと分からないのかもしれない。

 

なんで、今回の試験がこんなに難しく感じたのか考えたけど、昨年コロナで試験が中止になって、過去問の蓄積が除外されてしまったのが大きい気がする。

ITも日々変わってきていて試験も最新の内容に合わせてきてると思うけど、中止になった回でも新しい内容を用意していたともししたなら、その分を含めてさらに新しい内容が今回追加されてきたから新しい問題を多く感じたのかもしれない。

 

でも今回の結果からすると、これまでの過去問やテキストの問題をきちんとやっていれば合格基準に届くと考えていいのかな。

 

次は基本情報処理試験を目指そうと思うけど、久々の試験と慣れない場所で集中したりで思いのほか疲れたので今日、明日の休みはとりあえず何も考えずゆっくり休もうと思いまーす。